広島・松山「他にいってダメだったら路頭に迷うことに」 残留決めた家族や同僚との相談

 広島・松山竜平外野手(33)が9日、広島市のマツダスタジアムで会見を開き、今年取得した国内フリーエージェント権を行使しないことを表明した。

 --国内FA権の行使は

 「よく考えて、答えは残留してカープでやらしてもらうことになりました」 

 --理由は

 「やっぱりこのチームがすごく好き。ここでずっとやりたいと思う」

 --残留を決めた時期は

 「日本シリーズが終わって、2、3日後ぐらいです。家族や先輩といろいろな話をしました」

 --家族とよく相談した

 「そうですね。やっぱり一番は家族。『あなたの判断に任せる』と言われて、残留することを決めました

 --同僚にも相談したか

 「新井さんと石原さんには話をしました。いろいろな話をした。絶対に残った方がいいと。やっぱり家族のためにもここにいることが一番だと思いました。僕もそうだなと納得した」

 --球団からはどういう言葉を

 「鈴木球団本部長からは『絶対に出ていっててほしくない』と言っていただきました。『残留します』と伝えたときにはすごく喜んでくださった。素直にうれしい」

 --カープファンへは

 「ファンからも『いかないでほしい』と声をかけていただいた。悩んでいるときに『僕が出ていくことがさみしい』と。残留を決めてファンの方も喜んでくれると思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ