八戸学院光星が2年前の雪辱果たす 明治神宮野球大会

 明治神宮野球大会は高校の部の開幕戦で八戸学院光星(東北)が東邦(東海)に7-3で快勝。仲井監督は「思いもよらぬビッグイニングとなった」と一回2死満塁から3連打で5点を奪った猛攻撃をたたえた。

 チームは東邦に2年前の夏の甲子園で最大7点のリードを逆転され、敗れていた。指揮官は「この子らは関係ないので」と選手の苦手意識は否定したが、試合中は「最後まで気を抜かずに攻め、相手へ重圧をかけよう」とナインへ呼びかけ、雪辱を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ