高橋礼が2回無失点「抑えられてよかった」日米野球第1戦 

 下から浮き上がる球にMLBの打者は完全にタイミングを外されていた。サブマリンの高橋礼(ソフトバンク)が七回から4番手で登板。2回1安打無失点と好投し「内容はどうであれ、ゼロに抑えられてよかった」とホッとした表情を浮かべた。

 1年目の今季は30試合に登板。勝ち星こそなかったが、シーズン終盤の活躍が評価され、左肘の炎症で出場を辞退した東(DeNA)に代わって追加招集された。「自分の球は打たれないと思って投げている」と強打のMLB打者にも臆せず投げ込んだ。

 建山投手コーチは「全く打者がタイミングを取れていなかった。今後が楽しみ」と期待を寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ