紀平「全然想像してなかった」「北京五輪で優勝という夢がある」/フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル最終日(8日、バンクーバー)女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は合計233・12点で、日本勢としては2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇を成し遂げた。

 紀平との一問一答は以下の通り。

 --演技を振り返って

 「1つ目のアクセルはミスしてしまったけど、その後の切り替えはうまくいった。緊張感もあったけど、うまく集中力に変えて、ミスなくジャンプできた」

 --シーズン前に優勝をイメージできたか

 「今季が始まるときは全然ファイナルのことを考えてなかった。全然想像してなかったけど、練習を頑張ってきてよかったなと思う」

 --優勝の要因は

 「昨シーズンや昨々シーズンにたくさん失敗して、学ぶことがあった。もう1度そういうことがあってはいけない、絶対に嫌だと思ってきた。集中力の持っていき方もわかってきた」

 --今後は

 「自分の演技ができた結果が、今回の成績につながった。1つはミスがあったけど、うまくまとめることができた。どの試合でも安定した成績を出すことが大事。北京五輪で優勝という夢があるので、それまでは安定したいい成績が残せるように考えている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ