紀平梨花「笑顔で終われた」 来年は4回転挑戦 フィギュアのGPファイナルで初出場V

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で日本勢として2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでの優勝を果たした16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーから一夜明けた9日、バンクーバーで取材に応じ、「今は疲れもあってあまりよく分からない状態だけど、1位という結果が本当にうれしい。笑顔で終われるようにという目標が達成できた」と充実感を漂わせた。

 武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だけでなく、来年以降は4回転トーループを演目に組み込むための練習を本格化する意向も示し、「どんどん先に行っておかないといけないと思う」と意欲的に話した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ