元貴乃花親方、やはり出馬か!? 来年7月参院選「条件付き」に傾く 前妻・景子さんと対決も

 来年7月に予定されている参議院選挙へ向け、元貴乃花親方の花田光司氏(46)周辺に、与野党を問わず各政党から“出馬要請”が殺到していることが18日までにわかった。日本相撲協会を退職、貴乃花部屋消滅、離婚と人生の岐路に立つ平成の大横綱だが、知名度抜群で「出馬即当確。100万票は固い」ともいわれるだけに、各党とも獲得に躍起だ。花田氏周辺も「条件が合致するなら、出馬に踏み切るべき」との判断に傾きつつある。(山戸英州)

 相撲協会退職後、政界進出のウワサについて「全くないです」とそっけない発言を繰り返している花田氏だが、そう言ってもいられない状況がある。

 花田氏に近い関係者がズバリこう指摘する。「今後の身の振り方は自分自身で考えないといけないが、やりたいことをやろうとするなら、いまの立場のままでは難しい。相撲改革とか、ちびっ子相撲教室を開くとか言ってる。東京だけでこぢんまりとやるなら別だが、全国を回ってとかになれば、何か看板がないと無理。その点、参院議員になれば格好の看板にはなりうる。一般人に戻ったところで何もできない。貴乃花という昔の名前だけであれこれやれるほど世の中は甘くない」

 確かに、相撲協会とは執行部と対立した末に決別。「ちびっ子相撲教室といっても、おいそれとはできない。相撲協会の後援とかあれば別だが、絶対に支援は受けられない」と指摘するのはもっともだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ