張本氏、内海の西武移籍は野球選手の宿命「いいことと思わないと」

 野球評論家の張本勲氏(78)が23日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。西武からフリーエージェント(FA)で巨人に移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として、西武に移籍する内海哲也投手(36)にエールを送った。

 今季は15試合に登板して5勝5敗、防御率4・17だった内海について、張本氏は「野球選手の宿命。優勝したチームから指名された。いいことと思わないと」と語った。

 内海は福井・敦賀気比高から東京ガスを経て2004年に自由獲得枠で巨人入り。11、12年には最多勝を獲得。通算成績は133勝101敗、防御率3・21だった。張本氏は「彼はまだまだやれる」と太鼓判を押した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ