18歳坂本、逆転初Vで世界選手権代表入り 紀平は2位、宮原3位

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)代表選考会を兼ねた全日本選手権第3日は23日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、女子は平昌冬季五輪代表の18歳、坂本花織(シスメックス)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも2位となって逆転し、合計228・01点で初優勝した。坂本は日本スケート連盟の選考基準を満たし、代表入りを決めた。

 SP5位と出遅れたグランプリ(GP)ファイナル女王の16歳、紀平梨花(関大KFSC)がフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度着氷して1位となり、合計223・76点で2位。5連覇を狙ったSP1位の宮原知子(関大)がフリー4位にとどまり、223・34点で3位。三原舞依(シスメックス)が220・80点で4位、樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)が197・63点で5位。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ