東洋大などが復路スタート 第95回箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロで行われ、往路首位で5年ぶりの総合優勝を狙う東洋大など23チームが参加して復路をスタートした。

 1分14秒差の往路2位、東海大は初の総合優勝に挑む。総合5連覇と大学駅伝3冠が懸かる青学大は5分30秒差の6位から臨んだ。

 5年ぶり5度目の総合優勝に向け、東洋大の酒井俊幸監督は「大量リードではない。6、7区で連続で失速すると3位以内も厳しくなるという危機感を持って臨みたい」。青学大の原晋(すすむ)監督は「5分30秒は簡単に返せるタイム差じゃない。6、7、8区で焦ることなく縮めて、9区に渡る時に2分以内に来たら面白い」と語っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ