東海大、往路2位から逆転で初の総合V!青学大の5連覇&3冠を阻止/箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、往路2位の東海大が逆転で初の総合優勝を飾った。青学大は史上3校目の総合5連覇と大学駅伝3冠はならなかった。

 往路優勝した東洋大から1分14秒遅れでスタートした東海大は、山下りの6区(20・8キロ)で中島怜利(3年)が区間2位の好走で、東洋大との差を1分8秒に縮めた。7区(21・3キロ)の阪口竜平(3年)も区間2位で続き、東洋大に4秒差まで迫り、8区(21・4キロ)の小松陽平(3年)につなげた。

 東洋大との並走が続く中、小松は15キロ手前でスパート。1時間3分49秒で駆け抜け、22年ぶりの区間新記録で首位に浮上すると、51秒のリードを築いて9区(23・1キロ)の湊谷春紀主将(4年)にたすきリレーした。

 湊谷はトップを快走し、2位以下に大差をつけて独走態勢に。東洋大を3分35秒後方に追いやり、最終10区(23・0キロ)のアンカー郡司陽大(3年)に託した。

 両角速監督は胴上げに備えて9月からダイエットを開始。86キロから69キロまで減量した。2005年に往路優勝を果たしているが、総合では2004年の2位が最高。湘南キャンパスを拠点にする東海大にとって、箱根路はホームレースだった。地元の声援を力に、悲願の初優勝を成し遂げた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ