中央学院大、初の5年連続シード権/箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)中央学院大は中大、早大などの伝統校の追走を振り切り、総合10位で大学初の5年連続シード権を獲得した。8区で区間5位の好走をみせた大浜輝(3年)は「順位もタイムも目標を上回り、自分の中では満足」と笑顔。10区間中8区間を3年生以下が走ってのシード確保に、大浜は「チームの目標は5位以内。来年は往路で活躍できるように、自分も力をつけていきたい」と成長を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ