後世に名を残す!日本ハムD1・吉田輝、ダル&大谷部屋に決定

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星(こうせい)投手(17)=秋田・金足農高=が6日、千葉・鎌ケ谷市の「勇翔寮」に入った。部屋は球団OBで米大リーグで活躍する日米通算150勝のカブス・ダルビッシュ有投手(32)、昨季ア・リーグ新人王のエンゼルス・大谷翔平投手(24)ら歴代エースが使用していた「404号室」に決定。昨夏の甲子園で“金足農フィーバー”を巻き起こした最速152キロ右腕が、大スターとなった先輩に続き、鎌ケ谷にフィーバーを呼び込む。

 午後1時40分。テレビカメラ10台、約50人の報道陣が待ち受ける中、学生服姿の吉田輝が到着した。

 「プロ野球選手としての人生がやっと始まるという思いです。野球に集中できるいい環境なので、野球を第一に考えてやっていければいい」

 昨夏の甲子園で金足農を準優勝に導いた最速152キロ右腕にとっては初めての寮生活。うれしいサプライズが待っていた。歴代エースが使用していた“出世部屋”の「404号室」が割り当てられた。

 昨年1月まで渡米前の大谷が使用していたが、昨季は空室だった。隣の「403号室」には昨年のD1位・清宮も暮らしている。「自分もしっかりやってダルビッシュさんや大谷さんのように活躍できたら。しっかりやれば出世できるってイメージは、すごくあります」と胸を高ぶらせた。

 輝星フィーバーの予感も漂う。この日は事前公表なしも約150人のファンが集結した。球団では9日に始まる新人合同自主トレに備えて、昨年同様に休日以外は午前10時から午後2時まで鎌ケ谷スタジアムの内野席を開放し、警備員は通常の2人から6人に増員。新たに寮の前にオレンジ色のラインが引かれ、混乱防止で立ち止まり禁止のエリアが設けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ