広島で鈴木誠也入団時のドラ1 高橋大が結婚を発表

 広島は8日、高橋大樹(ひろき)外野手(24)が結婚したと発表した。相手は岐阜出身の五月(さつき)さん(26)=一般女性=。昨年5月に知人の紹介で知り合い、約7カ月の交際を経て、12月25日のクリスマスに広島市内の区役所に婚姻届を提出した。

 この日午後、広島市の球団事務所に結婚を報告した高橋大は「これ以上、いい人はいないと思う。食事はおいしいですし、特に麻婆豆腐はめちゃくちゃおいしい。結婚をして相手の家族のこともあるので、より一層頑張っていきたいです」とノロケを連発した。

 高橋大は龍谷大平安高を経て、2013年に鈴木誠也外野手より上位となるドラフト1位で広島に入団した。

 昨季は4月30日の阪神戦(マツダ)で岩貞からプロ初安打をマークするなど、6試合で15打数5安打。現在は広島市内で自主トレーニング中で、中旬からはソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)と同市内で合同自主トレーニングを計画。「去年やっとヒットを打てた。今度は1軍に定着して打ちたいです」と闘志を燃やしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ