感激の初対面!日本ハムD1・吉田の瞳も輝く、大谷“一流のオーラ”

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農高=が11日、東京・港区のザ・プリンスパークタワー東京で行われた「テレビ朝日 ビッグスポーツ賞」の表彰式に登壇。球団OBで米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)と初対面を果たした。表彰式の前にはプロ野球の新人研修会に出席し、東京ドームにある野球殿堂博物館を見学。大谷のユニホームにも触れ、球界のレジェンドになることを誓った。

 193センチのメジャーリーガーを、下から見上げた。ともに昨夏の甲子園を沸かせた根尾(中日)らと、大谷を挟んでの記念撮影。ダークブルーのスーツに身を包んだ175センチの吉田輝は、緊張気味に笑顔を作った。

 「体がすごくでかくて、すごい一流のオーラがありました」

 「テレビ朝日 スポーツ放送特別賞」の表彰式の前。待望の初対面があった。「スポーツ放送大賞」を受賞した大谷が控室に来て、あいさつを交わした。

 特別な存在だ。ともにドラフト1位で日本ハムに入団。6日から暮らす「勇翔寮」では、かつてダルビッシュ、大谷が入居していた出世部屋「404号室」を継承した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ