PL野球部OB会長、桑田真澄氏の就任正式発表

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度頂点に立った輝かしい歴史を誇り、現在は休部中のPL学園高(大阪)野球部OB会総会が12日に大阪市内で開かれ、プロ野球巨人で活躍した桑田真澄氏(50)の会長就任が正式に発表された。桑田新会長は「非常に大変な時期に就任させていただくことになり、本当に引き締まる思い。重大な責任を負った」と語った。

 桑田氏は清原和博氏(元オリックス)との「KKコンビ」で甲子園を沸かせ、巨人で通算173勝を挙げて米大リーグでもプレー。高い知名度に加え、PL教団との関係も良好と見込まれ、昨夏に就任を打診された。

 桑田氏は「(活動を)再開できるかどうか、方向性をはっきりとさせなければいけない」と述べ、「教団とのコミュニケーションがすごく大事。そこが第一歩。顔を突き合わせてお話ししたい」と意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ