元日本代表・巻が笑顔で引退会見、06年独大会サプライズ選出が思い出「W杯の巻と…」

 J3の元日本代表FW巻誠一郎(38)が16日、熊本市内で引退会見を開いた。Jリーグの千葉で活躍した後に海外でもプレーし、2014年から当時J2の熊本に加入。クラブの顔として親しまれたが、昨季のJ3降格で「情けない結果になり僕自身もピッチ内で貢献できず、影響力を与えられなかった」と引き際を決めた。

 日本代表としては、予想を覆す選出となった06年W杯ドイツ大会でブラジル戦に出場し「その後もW杯の巻と言っていただいた」と笑顔。16年の熊本地震では自らも被災した中、救援物資を配布して回るなど、故郷の復興を後押しした。「いずれは指導者に」と考えているが、復興支援の継続や「子どもたちの夢をつくるサポートをしたい」と競技の枠にとどまらない活動に意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ