女子ゴルフ中止発表3大会、復活開催へ小林会長自信「ポジティブに進んでいる…いい感じ」

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長(56)が16日、東京都内で取材に応じ、今季開催中止と発表した3大会について、3月の開幕戦までの復活開催決定へ自信を見せた。

 「(交渉は)ポジティブに進んでいる。(合意の)めどが立ちそうなくらい、いい感じ。“超特急”で頑張ります」

 LPGAは昨年12月、テレビ放送権の一括管理をめぐり反発していた、いずれも日本テレビ系列主催の「KKT杯バンテリンレディス」「中京テレビ・ブリヂストンレディス」「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子」を中止と発表したが、その後、主催者と大会開催へ向けた協議を再開。小林会長は進展状況を「超ポジティブ。私たちの考え方に賛同していただいている」と説明した。

 日本テレビが主催してきたメジャー大会「ワールドレディス サロンパス杯」は、会場未定で「ウィメンズ選手権(仮称)」と発表されたが、関係者によると昨年までと同様、茨城GCで行われる。小林会長は「メジャーも含め全部(シーズンが)始まる前にいい報告ができるように頑張ります」と笑顔で話した。

 また、インターネット中継については「鋭意努力している。業者はまだ選定の段階」で複数候補と「協議中」としながら、開幕戦からの実施に意欲を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ