Bリーグコーチの男逮捕 大麻輸入疑い、愛知

 東海北陸厚生局麻薬取締部が、大麻取締法違反(輸入)の疑いで、バスケットボール男子のBリーグ1部「三遠ネオフェニックス」アソシエイトヘッドコーチで米国籍のジョセフ・クック容疑者(33)を逮捕していたことが17日、分かった。

 麻薬取締部によると、大麻成分を含んだ液体を輸入したとして16日にクック容疑者を逮捕し、愛知県豊橋市の自宅など関係先を捜索した。麻薬取締部は、認否や輸入経路について明らかにしていない。

 チームを運営する「フェニックス」(同県豊川市)によると、16日付でクック容疑者との契約を解除した。同日午前のチームの全体練習に姿を見せなかったため、スタッフが自宅を訪ねると、麻薬取締部が家宅捜索していたという。 北郷謙二郎社長は17日に記者会見し「関係者やファンにご迷惑とご心配を掛け、深くおわび申し上げる。捜査に全面的に協力し、再発防止に努める」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ