花園準V桐蔭学園ラグビー部を支えた「勝つ思考」

【スポーツ異聞】

 東大阪市の花園ラグビー場で今月7日に行われた全国高校ラグビー大会決勝は、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を26-24で破り、初優勝を遂げた。初の単独優勝を逃し、涙を流した桐蔭学園の選手たちは、それでも宿舎に戻ると「自分たちのベストゲームだった」と健闘をたたえ合ったという。今年度の目標は「試合をやりながら強くなっていく」。決勝進出を果たした裏には、独自のメンタルトレーニングで身につけた「勝つ思考」がある。

 桐蔭学園ラグビー部は月に1回、慶応大スポーツ医学センター研究員でスポーツ心理学博士の布施努氏による指導を受けている。元球児で元商社マンという異色の経歴を持つ布施氏は、14年間住友商事で働きながら「人づくり(人材育成)」に興味を抱き、再びスポーツの世界に携わることを念頭に渡米。大学院でスポーツ心理学を専攻し、チームづくりなどを学んできた。

 高校ラグビーの世界は、全国屈指の強豪がひしめく関西と福岡県の選手の体が大きく、層も厚い。桐蔭学園は例年、全体的に小柄な傾向があり、「勝つためには、ボールをどんどん動かさなければいけない」という理念がチームにはある。

 布施氏は「自らの役割を、選手自身が瞬時に判断する必要がある」と指摘し、「選手の状況判断能力を高める」ことに勝機を見いだした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ