日テレ系女子ゴルフ大会が一転、存続 放送権は宙に浮く

【スポーツ異聞】

 それは、突然の発表だった。1月25日午前、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)から報道各社に1枚のファクスが送付されてきた。

 唐突に送られきたファクスの内容は、KKT杯バンテリン・レディース(4月19日開幕、熊本県)、中京テレビ・ブリヂストン・レディース(5月24日開幕、愛知県)、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子(9月24日開幕、宮城県)で、昨季と同じコースで3日間大会として開催されるというものだった。

 これら、日本テレビ系列の地方放送局が開催する3大会は、昨年12月の発表の際は、2019年シーズンの日程には入っておらず、中止が決まっていた。放送権を一括管理する意向のLPGAへの反発だった。それが、急転直下、存続が決まった。背景にはどんな理由があるのか-。

 3大会ともに、ゴルフ熱がある地域。KKT杯バンテリン・レディースの開催地である熊本県は上田桃子、有村智恵、古閑美保ら名女子ゴルファーを輩出してきた。2016年には、最大震度7の熊本地震が発生した。大会は中止となったが、17年からは復興を祈り、アピールする場ともなってきた。それだけに、日程発表直後の昨年12月22日に東京・銀座で開かれた熊本震災復興チャリティーイベントで上田は「とにかく試合をやりたいという声を上げていく。何とか存続してほしい」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ