紀平、5位から逆転V!真央超え女子世界初3冠王手/フィギュア

 フィギュアスケート・四大陸選手権第2日(8日=日本時間9日、米カリフォルニア州・アナハイム)欧州以外の国・地域が参加する大会。女子ショートプログラム(SP)で5位と出遅れたグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー1位の153・14点をマークし、合計221・99点で初優勝を飾った。左手薬指を亜脱臼する手負いの状態でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、逆転に結びつけた。3月の世界選手権(20日開幕、さいたま)で女子史上初となるGPファイナル、四大陸選手権との同一シーズン3冠を目指す。

 いかにして3回転半を跳ぶか。紀平の頭の中は、その考えで埋め尽くされていた。演技直前に浜田美栄コーチ(59)から掛けられた言葉も、いつもは演技後に行う得点の計算も、忘れていた。神経を研ぎ澄まして4分を演じ抜いた安堵(あんど)で、気づけば総立ちの客席に向けて拳を握っていた。

 「『お願い、高い点数が出ますように』って思った。『よかったー』って素直に喜べました」

 2本か1本か。6分間練習を終えるまで大技の本数を決めかねていた。「安全に、良い成績を残せるように考えた」。氷の感触を確認し、滑走直前に1本で臨むと決意。切れ味鋭く代名詞を決めると、大歓声がリンクにこだました。2・51点ものGOE(出来栄え点)を引き出す精度だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ