パシュート娘「金」!強さ健在、平昌に続く連続世界一/スピード

 スピードスケート・世界距離別選手権第3日(9日、ドイツ・インツェル)女子1000メートルで世界記録を持つ昨年2月の平昌冬季五輪銀メダリスト、小平奈緒(32)=相沢病院=は1分14秒44で3位。2位で国内外での連勝が37で止まった第2日の500メートルに続き、頂点を逃した。同五輪銅メダルの高木美帆(24)=日体大助手=は4位だったが、高木菜那(26)=日本電産サンキョー、佐藤綾乃(22)=高崎健康福祉大=とともに出た第2日の団体追い抜きを2分55秒78で制した。日本は初優勝した2015年大会以来の頂点で、平昌五輪に続く世界一。

 世界一を決める舞台で、日本の女子団体追い抜きのメンバーが躍動した。オランダに快勝。一昔前なら快挙だが、エースの高木美は冷静に振り返った。

 「100%には遠い。うまくリズムをつくれなかった」

 喜びより先に口をついたのは、序盤の加速の課題だった。世界のトップを走り続け、さらなる進化を見据える姿には風格さえも漂う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ