宇野、クリムキンイーグルで沸かす 世界王者へ「ジャンプ全部成功が条件」/フィギュア

 フィギュアスケート・四大陸選手権【アナハイム(米カリフォルニア州)10日(日本時間11日)】男子でシニア初の主要国際大会制覇を飾った宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が、快挙から一夜明けてエキシビションに出演し、黒の衣装に身を包んで伸びやかなスケーティングを披露した。

 両脚を180度開いて上体を反らせて滑る代名詞の「クリムキンイーグル」を決めると、アナハイムの客席から歓声が巻き起こった。

 3月の世界選手権(20日開幕、さいたま)では優勝を目標に掲げる。「ジャンプを全部成功させることが(世界王者への)条件になる。優勝するにあたり、失敗しないことが何より大切」と表情を引き締めた。

 昨年12月の全日本選手権から1カ月あまりで右足首を3度捻挫。調整不足のため、今大会のフリーでは4回転を従来の4本から3本に抑えた。世界選手権では、回避したサルコーを投入する見込みだ。

 自国開催の頂上決戦では、背中を追いかけ続けてきた羽生結弦(24)=ANA=とともに銀盤に立つ。「いつまでも追いかけているだけでなく、追われるということも考え、『やるぞ』というところでやる。そんな選手になりたい」と語気を強めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ