「ジェネシス・オープン」14日開幕 松山パワーランキング7位、ウッズは圏外/米男子

 【パシフィックパリセーズ(米カリフォルニア州)11日(日本時間12日)】米男子ゴルフの「ジェネシス・オープン」は14日から4日間、当地のリビエラCC(パー71)で開催される。世界ランキング28位の松山英樹(26)=LEXUS=は昨年、左手首痛でツアーを離脱したため2年ぶりの出場。タイガー・ウッズ(43)=米国=は1月末の「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」以来、今季2戦目の出場となる。

 松山は2014年大会(前身は「ノーザントラスト・オープン」)からリビエラCCでは23位、4位、11位。17年は予選落ちしたが、米ツアー公式サイトのパワーランキング(優勝予想)では7位に推された。

 今季の「ストローク・ゲインド・ティー・トゥ・グリーン」(ショット全体のスコアへの貢献率)はジャスティン・トーマス(25)=米国=に次ぐ2位。公式サイトのコメントでは「世界クラスのティー・トゥー・グリーン・ゲーム」と評され、過去成績を踏まえ「リビエラで時間を浪費していない」。ここ2戦で3位、15位という成績も理由に付け加えている。

 パワーランクのトップ5は、1位が昨年覇者のバッバ・ワトソン(40)、2位ダスティン・ジョンソン(34)、3位フィル・ミケルソン(48)、4位トーマス=いずれも米国、5位ロリー・マキロイ(29)=英国。ウッズはトップ15予想の圏外。大会には小平智(29)=Admiral=も出場する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ