阪神“キナチカ”で巻き返す!

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=と3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が15日、16日からの首位ヤクルトとの3連戦(松山、神宮)へ向け、愛媛へ移動した。

 矢野燿大監督(50)はルーキー2人のスタメン起用継続を明言しており、近本は1番での出場が濃厚。1番でのスタメン出場時は打率・375を誇り、「(これから)いろんな投手と対戦しますし、すごい投手とも当たると思う。どう対応していくかが課題になる」と話すと、「積極的にいくのが大事」と気合を入れた。

 また、12日の中日戦でのプロ初安打から、3試合連続安打&2戦連続タイムリーと波に乗ってきた木浪も「試合に出られるようにやっていくだけ。しっかり準備していきたいです」と腕をぶした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ