拳四朗、最上級牛肉7万円弁当「たまらん!減量を頑張ってよかった」/BOX

 プロボクシングのダブル世界戦(12日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、出場4選手はいずれも1度目でパスした。WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=は100グラム軽い48・8キロ。

 前日計量を一発クリアしたWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗に、おいしい“ご褒美”が待っていた。3カ月先まで予約でいっぱいという大阪・堺市の超人気焼き肉店「おさむちゃん」のご主人、内山長務さん(59)が届けてくれた豪華すぎる焼き肉弁当がそれ。

 鹿児島産の雌の黒毛和牛のサーロイン、宮崎産の同じく黒毛和牛のいちぼ(尻周りの骨に近い部位)のローストビーフで、ともにA5ランク12番の最上級牛肉。7万円相当の特製弁当に王者は「う~ん、たまらん。口の中でお肉が溶けます。減量を頑張ってよかった」と悶絶(もんぜつ)して喜んだ。

 昨年1月に一人で店を訪れてからの付き合い。拳四朗の初の大阪での世界戦にひと肌脱いだ内山さんは「会場には行けないけど、お客はお肉に、私はテレビにかじりついて応援します」と笑顔で話した。

 今回も約10キロを落とす減量となったが、リミットより100グラム軽い48・8キロ。「今までで一番うまくいった」とV6に向けて王者も最上級の仕上がり。「8回くらいに倒せたら。テレビに長く映りたいので」と自信満々だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ