明石商、神戸国際大付と決勝 兵庫

 第101回全国高校野球選手権兵庫大会準決勝が28日、ほっともっとフィールド神戸で行われ、春の選抜ベスト4の明石商が、高砂に8-4で勝利。4番の安藤碧外野手(3年)が、一回に先制の3ランを放つなど2安打4打点と活躍した。

 「少しこすったけど、入ったかなという感触。ここまですごく調子がよくこれている」

 7-4と点差を縮められ迎えた八回は、2死一、二塁からダメ押しの右前適時打を放ち、主砲の役目をきっちりと果たした。狭間監督も「安藤が初回に一発、打ってくれてだいぶ楽になった」と殊勲の一打をたたえた。

 29日の決勝は神戸国際大付と対戦する。安藤は「くやしいことを経験してきたチーム。全国制覇に向け、決勝を頑張りたい」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ