履正社、3発で初の春夏連続出場/大阪

 第101回全国高校野球選手権大会の出場権を懸けた大阪大会は29日、シティ信金スタジアムで決勝を行い、履正社が金光大阪に7-2で勝ち、3年ぶり4度目の出場を決めた。選抜に続く甲子園で春夏連続出場は初。

 井上、野口、小深田の3本塁打で打ち勝った岡田監督は「選抜で負けてから、子供たちには甲子園に帰ってリベンジするぞと厳しく指導してきた。よく耐えて頑張ってくれた。(3本塁打は)技術練習を削って、体づくりには十分力を入れてきた」などと話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ