渋野日向子が全英女子ゴルフ制覇 メジャーで日本勢42年ぶり

 女子ゴルフの渋野日向子(ひなこ)(20)が4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で行われた今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンで優勝した。日本勢のメジャー勝利は、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子(現日本女子プロゴルフ協会顧問)以来で42年ぶり2人目。

 競技の母国で争われた舞台で、首位から挑んだ最終ラウンドを68で回って逃げ切った。岡本綾子、宮里藍らが果たせなかったメジャー制覇を初挑戦で達成。賞金67万5千ドル(約7200万円)を獲得した。

 渋野は岡山・作陽高で全国高校選手権の団体優勝を飾ったほかは、アマチュアで目立った戦績はない。昨夏のプロテストに合格し、実質的に1年目の今季日本ツアーで2勝と急成長していた。

 ■渋野日向子の話 「前半は少し緊張したけど、後半はあまり緊張しなくて、最後の(優勝を決めた)パットもそこまで緊張していなかった。ここで決めるか3パットするか、で強気で打った。(優勝争いの中でも)コーチとべらべら話しながらできた。(快挙に)どうしよう、やっちゃった」

 ■宮里藍さんの話 「本当におめでとうございます。渋野さんの良さが全面に出ていたことで、世界中のゴルフファンが魅了されたと思います。プレッシャーを感じさせず、自分らしさを貫ける強さが最後の勝負を分けたと個人的には思いました」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ