渋野が日本勢42年ぶりメジャー制覇! ネット「BEAMSのポロシャツ売れちゃうんだろなぁ」

 女子ゴルフの渋野日向子(20)が4日(日本時間5日)、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で行われたAIG全英女子オープンで優勝し、日本勢として42年ぶりとなるメジャー制覇を成し遂げた。昨夏のプロテストに合格し、実質的1年目というキャリアで挑んだ大一番。ゴルフ界に突如現れたニューヒロインの快挙にネットも沸いた。

 この日、「渋野日向子」がツイッターでトレンド入りし、ヤフーのリアルタイム検索でも上位に食い込んだ。日本勢のメジャー勝利は、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子さん(73)以来。史上2人目、21世紀&令和初の偉業にネットも大騒ぎとなり、SNSには「最終18番ホールをトップタイで迎えて、バーディーチャンスを見事沈めた時、真夜中にもかかわらず、ご近所さんからも歓声が。令和ニューヒロイン誕生です!」など、祝福の言葉が殺到した。

 2打差の単独首位でスタートした最終ラウンド。前半スコアを落とし首位から陥落する場面もあったが、後半に立て直してこの日を68で回り、通算18アンダーで逃げ切った。岡本綾子さん(68)や宮里藍さん(34)ら“レジェンド”たちも阻まれた高い壁を初挑戦で打ち破ってみせた。

 ネットではプレー中に見せた渋野の表情も話題になった。ツイッターには「笑顔がとても素敵だ」「この子のメンタルにもビックリだわ。これが新人類か…。おめでとうございます」「ゴルフ詳しくないけど、ガンガンなプレッシャーもあっただろうに、笑顔で挑んでいて、カッコイイ人だなぁ…」「勝っても興奮で泣かない、強さを感じた。樋口から42年、笑顔日本一だ、見たあとも清々しい!」「プレー中の笑顔とっても良かったです。東京オリンピック期待してます」などのコメントがズラリ。優勝がかかった中でも平常心でプレーに集中した渋野に対し「全英女子で、18番の優勝かかったバーディのパットで、強めに打ち切ったハートがすごい。プレーオフではなくて、勝ち切るための攻め」と絶賛する言葉もあった。

 すい星のごとく現れた新人にネットでは「全英女子でいきなり優勝した渋野日向子。水泳でいう岩崎恭子を連想してしまう」といったツイートも。またユニークなところでは、「世界中の中継で流れたBEAMSロゴのポロシャツはこの後、爆発的に売れちゃうんだろなぁ」といった書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ