“噛みってた”!渋野Vで駄菓子「タラタラしてんじゃね~よ」大ブレーク

 ゴルフのAIG全英女子オープンを制し、日本勢42年ぶりのメジャー優勝を成し遂げた渋野日向子(20)=RSK山陽放送。プレー中に駄菓子を口にするなど海外メジャー初挑戦とは思えない天真爛漫(らんまん)な姿が大いに注目された。ヒロインが食べていたのは「タラタラしてんじゃね~よ」。製造元で「よっちゃんイカ」などの駄菓子で知られる、よっちゃん食品工業(山梨県中央市)には、5日朝から問い合わせが殺到した。

 優勝争いが佳境に入った後半。渋野が紐状の駄菓子を手にして、歯でちぎるようにして食べた。キャディーにも手渡すと、一緒に噛みちぎってはパクリ。

 駄菓子を口にする姿は、製品のパッケージとともに何度もテレビに映され、ネット上でも「タラタラしてんじゃね~よが世界デビュー」と話題に。試合後の記者会見では、優勝賞金で「お菓子をいっぱい食べます」との発言が飛び出し、爆笑を誘った。

 製造元のよっちゃん食品工業は「渋野プロが駄菓子がお好きという情報は伝え聞いておりましたが、映像で流れ大変驚いております」とコメントした。

 「タラタラ-」シリーズは1990年に販売開始。スケソウダラのすり身などが原材料で、味付けには豆板醤で辛くした「エスニック風味」と「劇辛スパイシー! カレー味」がある。ともに酒のつまみとしても好まれているという。

 渋野が食べていたのはエスニック風味。辛さは強くなく、スポーツなどで汗をかいたときに程良さそうな塩味だ。手にしていたのは「スティックタイプ」(希望小売価格は19グラム入り税別100円)で、2005年に発売。全国のコンビニなどで買える。同社は5日朝から問い合わせの電話が鳴りっぱなしで「何本かかってきたか数え切れないほど」(担当者)。

 同社の商品の主力はイカを使った駄菓子だが、ここ数年、イカは不漁が続き値上がりしている。昨年は「カットよっちゃん」の小袋の希望小売価格を30円から50円に値上げ。今年は当たりくじをやめるなど苦労が続いている。そんな中で「タラタラ-」が突如脚光を浴びたものの、「お盆前の繁忙期であり、急な増産は難しい」(同社)。

 ネット上では「売り切れになる前に買ってこよう」などの声が相次いでおり、今後は“救世主”として看板商品になりそうだ。

■よっちゃん食品工業

 山梨県中央市に本社を置く海産物加工販売業者。1963(昭和38)年10月、金井芳雄氏が創立。資本金1億円。従業員320人。イカなどを原材料にした「カットよっちゃん」シリーズや、タラなどを原材料とした「タラタラしてんじゃね~よ」、酢イカ、するめなどの珍味が駄菓子店の定番アイテムとして人気。2006年には売上高73億円。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ