八戸学院光星が投打で圧倒 初戦制し対智弁学園戦へ弾み

 第101回全国高校野球選手権大会第1日の6日、2年連続10度目の出場となる八戸学院光星(青森)は開幕試合で誉(愛知)と対戦した。八戸学院光星は序盤から投打で相手を圧倒。付け入る隙を与えず、9-0で大勝した。2回戦は大会第7日の第3試合で智弁学園(奈良)と戦う。(白杉有紗)

 初回、相手投手の制球の乱れで2死満塁の好機をつくると、6番・下山が「狙い球を直球に絞って打った」と左翼席に飛び込む本塁打で幸先良く4点を先制。試合の流れを一気に引き寄せる。

 中盤以降も攻撃の手を緩めず、四回に1点を追加すると、六回には1番・武岡の適時三塁打、3番・近藤の犠飛で着実に加点。八回には近藤の適時二塁打などで2点を奪い、試合を決めた。

 さらに、先発・後藤が「任せてもらったからにはゲームの流れを作らなくてはならないと思った」と五回無失点の快投。六回からマウンドに上がった山田も点を許さず、相手打線を計4安打に抑える継投リレーで勝利に導いた。

 主将の武岡は「自分たちの魅力である1点1点加点してプレッシャーを与える野球ができた。勘違いせず、粘り強い野球を見直したい」と次戦に向け気を引き締めた。仲井宗基監督は「智弁学園は伝統も力もあるが、次戦も勝ちにいく」と決意した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ