石見智翠館は延長で涙、九回同点2点二塁打の関山愛主将「相手の気持ちに負けた」/甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第1日第3試合(高岡商6-4石見智翠館=延長十回、6日、甲子園)第3試合で石見智翠館は九回に同点に追いつく粘りを見せたが、勝ち越せず延長で涙をのんだ。同点の2点打を放った主将の関山愛は「チャンスの打席は楽しかったが、相手の気持ちに負けた」と悔しさをにじませた。2学年下の弟の和と二遊間を組んで臨んだ夏舞台。「弟にはこれから何回も甲子園に行って、関山の名を刻んでほしい」と夢を託した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ