高岡商が延長制す、V打の森田主将「苦しい試合を勝ちきることができて良かった」/甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第1日第3試合(高岡商6-4石見智翠館=延長十回、6日、甲子園)大会初日第3試合の1回戦で、高岡商(富山)が延長十回に森田主将の右翼フェンス直撃の2点打で激闘を制した。主将は二回の1号2ランを含む3安打4打点と大暴れ。「苦しい試合を勝ちきることができて良かったです」と笑顔を見せた。1死一、二塁から9番・鈴木に犠打のサインを出して森田の決勝打につなげた吉田監督は「彼の積み上げてきたものを信じていました」と目を細めた。2回戦は第7日に神村学園と対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ