星稜・奥川が“令和初完封”わずか94球の省エネ「次戦に向けても良かった」 甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第2日は7日、1回戦が行われ、第3試合で星稜(石川)が旭川大高(北北海道)に1-0で勝利。今秋のドラフト1位指名候補右腕・奥川恭伸投手(3年)は「5番・投手」で出場し、3安打9奪三振で今大会初完封と好投した。

 「初戦が一番大事。初戦を勝ちきれたことに関しては良かった」

 アドレナリン全開の一回に先頭打者との対戦でいきなり自己最速に並ぶ153キロで空振り三振を奪うなどして雰囲気をつくり、3者連続奪三振発進。直後の二回に1点の先制点をもらうと、中盤以降はスライダー中心で組み立てて打ち気の相手をかわし、「次戦に向けても良かった」とわずか94球の省エネで投げ抜いた。

 昨夏、今春ともにチームは2回戦敗退と、次戦が“鬼門”となるが、自信をつける完封劇。奥川は「目標はゼロ点。点数を取られる場面もあると思うけど、そこでの気持ちの切り替え方を大切に粘り強く勝てたらいい」と先を見すえた。(須藤佳裕)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ