秋田中央は立命館宇治に惜敗、3安打完封負け/甲子園

 全国高校野球選手権大会第2日は7日、兵庫・甲子園球場で1回戦が行われ、第4試合で立命館宇治(京都)と対戦した秋田中央(秋田)は、0-1で惜敗した。

 45年ぶり5度目の出場秋田中央は、七回無死満塁の好機に得点できず、結局3安打完封負け。先発したエース右腕・松平涼平投手(3年)が先頭打者を7度出塁させながらも粘り強く投げ、七回に失策絡みで失った1点だけで切り抜けたが実らなかった。

 佐藤幸彦監督は「大事なところでエラーが出たが松平中心によくがんばった。『いいんだけど勝てない』といわれていたが、甲子園に来られた。勝てずに校歌が歌えなかったのは、私の判断も甘さだと思うが、今後も秋田の代表になれるようにがんばっていきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ