今も変わらぬ、ソフト恩師と丁々発止 「相手を笑わせるし、自分でも笑う。まあ、賢いよ」

【緊急連載 渋野日向子スマイルのルーツ】

 日本勢42年ぶりのメジャー制覇を果たした渋野日向子(20)=RSK山陽放送=にとって、プロアスリートとしてサクセスロードを歩む「礎」となったスポーツがゴルフの他にもう1つある。ソフトボールだ。

 小学生時代の渋野を指導した平島スポーツ少年団ソフトボール部の岩道(いわどう)博志監督(72)が、今も変わらない丁々発止のやり取りと、過ぎ去りし日々の秘話を明かした。

 岡山の小さな田舎町。両親、祖父母もよく知る間柄は、子供の様子をつぶさに把握できる半面、プレッシャーも感じた。

 「筋はいい。やればできるレベル。教えるこちらはすごく責任を感じた。ご両親は名門・筑波大の運動部出身やったしなあ…。正直言って『芽が出なかったら、責任あるがな。困ったで』という気持ちだった」と岩道監督は言う。

 ゴルフとソフトボールの“二刀流”の主導権は、ソフト側が握っていた。「ゴルフの指導者は全員、俺の教え子だったから(笑)。スケジュールから指導内容まで、ああせいこうせいといろいろ言えた。少年団の納会も、そのツテを使ってゴルフ練習場を貸し切りでやった。子供たちは打ちっ放しをやりながら、指導してもらった」と懐かしむ。

 渋野はソフトを通して、ゴルフにも生かされる「礼儀作法」と「チームプレーの意識」を身につけていった。

 「将来子供たちに役立つ指導をやろうと。雨天時は小学校から日向子が住む集落を通って3、4キロを走らせたけど、指導者の引率はなし。年上が年下を守り育てる手法。徹底したのは、農作業をしている方々にきちんとあいさつすること。作業中、遠くで声を出しても相手は聞こえない。目と目を合わせるあいさつを意識させた。今でもやってるよ」

 そんな環境で育った渋野が、20歳で世界制覇を成し遂げた。だが、2人の間柄は「まったく変わっとらん」と笑う。

 4月のスタジオアリス女子オープン(兵庫県花屋敷GC)を観戦に出かけた際には、「俺が風邪をひいてしまい、試合途中で会場入り。ギャラリーを横切るところで『おい、来たで!』と声をかけたら、何て言ったと思います? 『遅(おせ)ーわ!!』って(笑)。よっぽど叱ろうかと思いましたが、周りからは『それ、日向子は待ってくれてたんだよ』と。次の日は急にスコアが良くなりました」。

 さらに「わしら夫婦が金婚式を迎えたので、旅行を兼ねて別のツアーを観戦した際もそう。本人に『何かお祝いくれ。賞金が高い大会で優勝せえよ!』と伝えてあったので、コースで『来たで!』と声をかけると、『おぅ!』だけ。でも、こういうやり取りもうれしいよ」とも。

 「スポーツ万能だし、頭の回転がいい」と認める一方、報道陣を前にテキパキと話す姿には「ワシらとの会話は違う。何でもケラケラ笑ってごまかす(笑)。相手を笑わせるし、自分でも笑う。まあ、賢いよ」。ブレークしたことでこの“日向子スタイル”が世間に浸透し「もう、昔のように『いい加減にしろ!』って怒れなくなっちゃった」と寂しがる。

 今年5月、渋野は帰省の際に少年団に顔を出し「本気でショートを守り、本気で打って怖かった」とか。

 「ワシも72歳。日向子が顔を出す限りは現場にいて“癒やしの存在”になりたい」と岩道監督。「日向子のお母さん(渋野の母・伸子さん)は東京から嫁いできて、代々続く家を継ぎ、地元の子供たちに体操指導をしている。あのお母さんが一番偉い。だからあそこの3姉妹は立派に育ったし、子供たちも地元を大事にする。日向子にも将来は地域のために何か、動いてほしいなと。望みはそれだけ」と願う。(山戸英州)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ