中京学院大中京、集中打で北照に逆転勝ち 甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第6日は11日、2回戦が行われ、第3試合で中京学院大中京(岐阜)が北照(南北海道)に4-3で逆転勝ちし、3回戦進出を決めた。六回に1点を先制されたが、七回に5長短打を集中して4点を奪って逆転し、逃げ切った。

 「打ったのは外のスライダー。抜けてくれと願いながら走った。打球は見えなかったが、歓声で抜けたのが分かった」

 1-1の七回2死二塁から勝ち越しの適時左前打を放った主将で4番・藤田健斗捕手(3年)はこう話し、白い歯を見せた。

 チーム打率・426と岐阜大会で圧巻の攻撃力を見せた打線が北照の先発、桃枝丈投手(3年)の前に沈黙。六回まで4安打無得点に抑え込まれていた。

 それでも「負けていたけど、みんな声が出ていたし、あせらずにやっていた」と藤田は振り返り、「それが(4点を奪った)七回のビッグイニングにつながった」と胸を張る。

 中京学院大中京は、勝てば春の選抜大会出場が濃厚となる昨秋の東海大会準決勝で東邦(愛知)に九回裏に5点差を追いつかれ、延長戦で逆転サヨナラ負け。その東邦が選抜で優勝したことで「自分たちもやれる」という自信をつけるとともに、以来、1球、1スイングを大切にしながら練習を重ねてきた。

 そうやって培ってきた集中力を窮地にも思えた大舞台で発揮。1回戦で大分(大分)に12-4で勝った2016年夏以来の校歌を甲子園に響かせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ