鶴岡東が選抜準Vの習志野撃破  集中打浴びせて9得点

 鶴岡東の猛攻が、今春の選抜大会準優勝の習志野をのみ込んだ。春夏通じて初の甲子園大会2勝目を挙げ、佐藤監督は「一度も逆転を許さなかったことが勝因」と集中力を切らさなかった選手らをたたえた。

 前半は下位打線が躍動した。二回、7番山路の右前適時打、9番影山の適時二塁打など、この回6長短打を集める打者一巡の攻撃で一挙5得点。「初球から甘いのをいってやろうと思っていた」と先制打を放った山路。

 二回途中から登板した習志野エースの飯塚に中盤は打ちあぐねた。しかし、先発メンバーではなかった主将の平山がすかさず「自分たちのスイングをしよう」とチームを鼓舞。2点差に詰められた直後の八回は、先頭の5番丸山が左翼席へソロ本塁打。3点リードの九回にも2死から右方向に再びソロアーチを放ち「素直にうれしい」と丸山。追撃する習志野を振り切った。

 チームは習志野投手陣を映像で研究していた。だが、佐藤監督は選手が策に溺れないよう「それぞれの感覚で振ってくれ」と伝えていたという。丸山は2四球を選び、五回には二塁打と全5打席で出塁。「好球必打」で目の前の相手を倒すことに集中し、勝利の立役者となった。

 山形大会でのチーム打率は3割8分9厘。打ち勝つ野球を目指してきた。次戦へ向け、佐藤監督は「落ち着いてプレーしてもらいたい」。新たな歴史を刻むべく、浮かれた様子はない。(宇山友明)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ