阪神D3位・木浪が六回に3号ソロ、3カ月ぶりの本塁打で追加点

 阪神D3位・木浪聖也内野手(25)が14日、中日戦(ナゴヤドーム)の五回に代打で途中出場。23打席ぶりの安打を放ち、一挙5得点の口火を切ると、六回にも右越えの3号ソロを放った。

 「打ったのはスライダー。狙い通りのスイングができて完璧でした。途中からの出場でしたが、気持ちの面でも体の面でも良い準備ができていたからこそ生まれた結果だと思います」

 5-3の六回2死から2番手・三ツ間の2球目、内角に入った変化球を右翼席へと運んだ。5月15日の巨人戦(東京ドーム)以来、3カ月ぶりの本塁打を記録し、追加点を挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ