「軽井沢に別荘を」渋野、笑撃宣言! スマイル対決はまさかの96・9点/国内女子

 次の野望は別荘購入!? 女子ゴルフの「NEC軽井沢72」は16日、長野・軽井沢72ゴルフ北コース(6705ヤード、パー72)で開幕する。「AIG全英女子オープン」で日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇を成し遂げた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は15日、プロアマ戦で最終調整した。帰国2戦目Vを目指す全英女王は、日本有数の避暑地、長野・軽井沢に別荘を購入する夢を披露した。

 日本人なら誰もが憧れる高級リゾート地。2週前の「AIG全英女子オープン」で海外メジャーを初制覇した渋野は、幼い頃から夢を抱いていた。「ここにいつか別荘を建ててみたい」。幼少時の漠然とした夢が、リアルな思いに変わった。

 「軽井沢という3文字にずっと憧れていた。今回、来られただけで幸せ。涼しいし、山の中なのにフラット。ずっといたいです」

 ツアー初優勝を国内メジャーで飾った5月の「ワールドレディスサロンパス杯」以降、自分のために買ったのは財布だけ。「最近は物欲がない。財布の次が別荘でいいのかな」。いたずらっぽく笑ったあとは「まず周りの人たちに恩返しがしたい」と表情を引き締め、「別荘はそのあとです」とまた笑った。全英の優勝賞金は67万5000ドル(約7200万円)。これだけでも即金で購入できる物件はあるが、目の前の試合に集中する。

 ただ、プロアマ戦の終了後、苦笑する場面もあった。クラブハウスで今大会の冠スポンサーのNECが開発した「笑顔パワーゲーム」に挑戦。トレードマークとなった笑顔に、意外な点数がつき、スマイルシンデレラ返上を申し出た。

 「100点の笑顔じゃないし、シンデレラでもない。ぜひともスマイルシンデレラの称号はやめていただきたいですね」

 来年の東京五輪・パラリンピックの大会関係者の入場時に利用される同社自慢の顔認証システムを応用し、笑顔を100点満点で点数化したゲーム。全英で世界を魅了した“シブコスマイル”は当然、満点を記録すると思われたが、点数は97・2点で、再挑戦も96・6点。他の選手が次々と満点を出す中、意外な結果となった。

 高得点を出す秘訣(ひけつ)は口角を上げるなど表情筋の動きにあるというが、シンデレラは作り笑いが苦手だ。凱旋(がいせん)試合となった前週も「笑いたいときに笑います。自分の思い通りにやる」と話していた。その言葉通り、帰国第2戦の舞台となる軽井沢の話題になると笑顔がキラリと輝いた。今週から日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が渋野グッズとしてタオルを販売するなど、フィーバーは続く。帰国第2戦。ツアー3勝目を飾れば、とびっきりの満点スマイルが咲き、“シンデレラ城”の購入にも一歩近づく。 (臼杵孝志)

★軽井沢の別荘事情

 大きく6つの別荘エリアに分かれる。大型別荘が並ぶ歴史ある旧軽井沢や湿気が少なく生活しやすいという中軽井沢、のどかな雰囲気の南軽井沢など。価格は一軒家で2000万円台からで1億円を超える物件もある。東京駅から新幹線で1時間15分と近場な立地も人気を後押しする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ