今週「日本女子プロ」でさあ!渋野、生涯&年間獲得賞金1億円突破の笑顔/国内女子

 女子ゴルフの今季国内メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」が12日、兵庫・チェリーヒルズGC(6425ヤード、パー72)で開幕する。9日は練習ラウンドが行われ、「AIG全英女子オープン」覇者の渋野日向子(20)=RSK山陽放送=はアウトの9ホールをチェック。昨年7月のプロテストに合格した思い出のコースで、“メジャー3連勝”に挑む一週間が始まった。

 ビッグになって帰ってきた。2度目の挑戦で合格した昨年7月のプロテスト。その舞台となったコースに、シンデレラとして渋野が凱旋した。

 「ホント、この1年はいろいろありました。あのときはいつか優勝したい、いつかは賞金女王になりたい、子供たちに愛されるゴルファーになりたいと思っていた」

 夢のいくつかは、既に現実だ。5月の国内メジャーでツアー初優勝。8月には海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制した。今週はメジャー3連勝を目指す大一番で、生涯&年間獲得賞金の1億円突破もかかる。「いつもよりは、やる気があります」と気合も入っている。

 ただ“やる気スイッチ”を押したのは新たな勲章ではなかった。前週は休養に充てたが、7日と前日8日には同じ兵庫県内で行われたソフトボールの日本リーグを観戦。小学生までソフトボールに熱中し、あこがれの存在という上野由岐子(37)=ビックカメラ高崎=の投球を初めて生で見た。その試合で上野はノーヒットノーランを達成。試合後は話す機会にも恵まれ、「もう神ですね。すごすぎる」。今でも興奮は冷めていない。

 今週は自分が感動を与える番だ。初日には連続オーバーパーなしラウンドのツアー記録達成も懸かっている。「並んだからには、新記録をつくりたい」。記録にも記憶にも残る4日間。シブコが再び歴史を動かす。 (臼杵孝志)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ