阪神・近本、12度目猛打賞で146安打に到達

 阪神・近本光司外野手(24)が12日のヤクルト戦(甲子園)の七回2死一塁で遊撃内野安打を放ち、今季12度目の猛打賞をマーク。自身の持つ球団新人記録を更新し、146安打とした。

 破竹の勢いで安打を量産した。近本が3打席連続安打で猛打賞。七回2死一塁で遊撃へ内野安打を放ち、相手失策も絡んで2死二、三塁と好機を拡大してその後の得点につなげた。

 これで長嶋茂雄(巨人)の持つ153安打の新人安打記録までは、あと「7」。残り12試合での記録更新がますます現実味を帯びてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ