大坂なおみ、難敵を破り準決勝「対策は分かっていた」/テニス

 東レパンパシフィックオープンテニス(21日、大阪・ITC靱テニスセンター)20日に雨の影響で順延された準々決勝が行われ、世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が同36位のユリア・プティンツェワ(24)=カザフスタン=と対戦。6-4、6-4で勝利を収め、準決勝へ進出した。

 過去3度対戦し、全敗と苦手とする難敵をついに打ち破った。第1セットは開始から3ゲーム連続で奪い、流れに乗った。「どうしたらいいか、対策は分かっていた。ハードコート、日本での試合ということが私に有利に働いた」とうなずく内容だった。

 第2セットの第10ゲーム、大坂がマッチポイントとしたところで、ユリアが足首を負傷。大坂は「足首のけがは深刻になる。とにかく心配だった」と、タオルやドリンク、氷などを持ってすぐにユリアのもとへ駆け寄った。大坂の行動に会場からは大きな拍手が送られた。

 大坂はこの後、午後3時45分以降に、世界ランク24位のエリーゼ・メルテンス(23)=ベルギー=と準決勝を戦う予定となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ