阪神・近本が155安打、西武の源田に並ぶ

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が21日の広島戦(甲子園)で今季155安打目を放った。新人では歴代3位タイとなった。

 2打席無安打で、2点を追う六回1死三塁。2球目の変化球が暴投で三走・梅野が生還。2死走者なしとなり、4球目の141キロを三遊間へ弾き返した。続く福留の右前打で三塁に到達すると、マルテへの3球目が暴投となり近本が同点のホームを踏んだ。今季79得点目を記録し、同数で並んでいた2006年の梵英心(広島)を抜き去った。

 安打数も17年の源田壮亮(西武)並び、歴代3位タイ。56年に180安打を放った佐々木信也(高橋)、1リーグ制だった48年に160安打を放った笠原和夫(南海)に続く記録となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ