渋野日向子「楽しみたい」 全英以来の米ツアーへ

 米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権は台湾北部にある新北市の美麗華クラブ(パー72)で31日に開幕する。20歳で国内賞金ランキング2位の渋野日向子は優勝した8月のAIG全英女子オープン以来の米ツアー出場に向け「今の自分の状態でツアーにどこまで通用するのか見たいと思った。楽しみたい」と意欲を示した。

 主催者推薦での出場で、コース内の看板で紹介されるなど注目度は高い。第1ラウンドはともに今季メジャー優勝している李晶恩(韓国)とハンナ・グリーン(オーストラリア)と同組で「ビッグネームの選手ばかり。ありがたいし、勉強になる」と胸を躍らせた。

 30日はプロアマ戦に出場し、グリーン上で大苦戦した。強気なパットが持ち味だが「ラインが読みにくい。今回は『ジャストタッチ渋野』でいく」と話し、距離を合わせる打ち方で勝負する狙いも口にした。

 横峯さくらはプロアマ戦でグリーン周りを入念に確認。「今季最終戦になるかもしれないので悔いのないようにしたい。初日に出遅れないように」と気を引き締めた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ