今度は笑う!しぶこの後輩15歳・森愉生、昨年首位発進も…「悔しかった」5位/サンスポ女子アマ

 「TOMAS CUP 第36回全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権」は12日から2日間、静岡カントリー浜岡コース&ホテル高松コース(6358ヤード、パー72)で開催される。昨年大会で初日首位発進も5位に終わった森愉生(ゆい、15)=岡山・倉敷西中3年=がリベンジVで、来年の女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の出場権獲得を狙う。今大会は106人が出場する。

 昨年大会では初日に3アンダー69でトップに立ち、大会史上4人目の“中学生V”を期待させた森。しかし、最終日に76と崩れて5位だった。

 「昨年のことは覚えていません。悔しかったことしか分からない」

 この日朝から18ホールを回り、鋭いアイアンショットでグリーンをとらえた。「飛距離が伸びたので、2打目以降が楽になりました」。9月発売のドライバー(ブリヂストンゴルフ・ツアーB JGR)に変更したところ、平均飛距離が約20ヤード伸びて245ヤードに。2打目を得意のショートアイアンで打てるようになり、コース攻略がしやすくなった。

 大分出身だが小学5年時に岡山に移住した森にとって、「AIG全英女子オープン」で日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした岡山出身の渋野日向子(RSK山陽放送)は誇るべき“先輩”。同5年時に出場した2015年「中国女子アマ」には当時高校生の渋野も参戦し、渋野は12位、森は37位だった。

 今年9月、「日本女子オープン」に出場して再会。予選落ちした森は決勝ラウンドで渋野の組について回り、「覚えていますか」と挨拶すると「覚えてるよ」と返された。「渋野さんは笑顔がすてきで、私の目標とする人が増えました」。これまでは宮里藍さんを目標と公言していたが、渋野の名前が加わった。

 「パットが入ってくれれば優勝できる」。スマイルシンデレラに負けない笑顔で今年こそ中学生Vを成し遂げ、来年の「フジサンケイレディスクラシック」で渋野と“競演”を果たす。 (稲垣博昭)

■森 愉生(もり・ゆい)

 2004(平成16)年9月10日生まれ、15歳。大分市出身。5歳でゴルフを始め、2016年「全国小学生大会」優勝。18年に「日本ジュニア」(女子12~14歳の部)を制覇。得意クラブは5番ウッドとショートアイアン。家族は父・昭博さん(47)、母・靖生(やよい)さん(44)、姉・穏安(のあん)さん(18)。岡山・倉敷西中3年。160センチ、55キロ。

■全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権

 女子アマチュアゴルフの発展を目的に1984年に創設され、今年で36回目。東西の予選通過者と、シード選手を加えた106人が出場。優勝者には翌年の日本女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」(静岡・川奈ホテルGC富士C)の出場権、3位タイまでは同大会のマンデートーナメント(主催者推薦選考会)出場権が与えられる。歴代覇者には福嶋晃子、横峯さくら、森田理香子らが名を連ねる。

■静岡カントリー浜岡コース&ホテル

 高松コース(18ホール)と小笠コース(18ホール)の全36ホール。雄大で太平洋を見下ろすロケーション。芝はオーバーシードされ、一年中鮮やかな緑に包まれる。グリーンは起伏に富み、微妙なタッチが求められる。プロ大会は1972-2002年に「静岡オープン」などを開催。小笠コースは全面改修中で、12月にリニューアルオープン。静岡県御前崎市門屋2070の2。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ