池羽、背中痛から復活!最終日60台宣言/サンスポ女子アマ

 TOMAS CUP 第36回全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権第1日(12日、静岡カントリー浜岡コース&ホテル高松コース=6385ヤード、パー72)桑木志帆(16)=岡山理大附高2年=が3バーディー、1ボギーの2アンダー70で回り、首位発進した。同じ岡山出身で親交がある渋野日向子(20)=RSK山陽放送=のメジャー制覇に刺激を受け、頂点を目指す。他に池羽陽向(ひなた、17)=宇都宮文星女子高2年、水木春花(17)=大分高3年=ら計7人が首位に並ぶ大混戦となった。

 池羽陽向(ひなた、17)=宇都宮文星女子高2年=は16番(パー5)でピン手前2メートルのフックラインをねじ込み、4つ目のバーディーで首位発進。昨年12月に自宅の階段から落ちて背中の筋肉を痛めた。ようやく9月頃から痛みが消えて、練習量も増えてきた。「背中はもう大丈夫。ベストを尽くして、そろそろ60台を出したい」と目を輝かせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ