アイメーク変えて視界良好!? 渋野日向子、21歳の決意

 全英女王の渋野日向子が伊藤園レディス(千葉県グレートアイランドC)初日の15日、21歳の誕生日を迎えた。

 ハタチ最後の日となった14日はプロアマ戦に出場し、「きょうは前夜祭」とニッコリ。誕生日は「(帯同している)姉とマネジャーさんとご飯に行くぐらい。ひとりでケーキでも食べます」と特に予定はないというが、全英Vから11試合目にして、ようやく関東登場。多くのファンから祝福を受けることになりそうだ。

 実質ツアールーキーの今季、米ツアー初出場の全英女子でいきなり優勝。ゴルフファン以外にも名前が知られる激動の1年となった。

 全英女子優勝の資格で、今月18日までに手続きすれば来季米ツアーに参戦できるが、エントリーしない。10月末に「日本で経験を積んで、レベルが上がった状態で挑戦したい」と国内中心でステップアップを図ることを明言している。

 誕生日を機に「21歳の1年間は、いろんなことを覚悟していく年になる。米ツアーのことも考えないといけないし。いろいろ挑戦だったり、世界に羽ばたけるような準備をする1年になると思う」と決意も新た。来年は全英女王として、米ツアーメジャー大会など10試合程度に出場できるが、例年10月に行われる米ツアー予選会にも出場する予定だ。再来年の参戦を目指す。

 また、賞金女王争いではランキング3位に後退し、残り3試合で1位の申ジエを約1356万円差で追う。

 「抜かれるのは当たり前のことだし、何とも思っていません。3試合で優勝を確実にしないと。トップ5以内に入らないと賞金女王は無理だと思うので頑張るしかない。今までは“勉強します”と言っていましたけど、そんなことを言っている場合ではない」

 この日は姉のアイシャドーを借りたそうで、「見た目から変えていかないと」とイメチェン。21歳のしぶこも、話題を振りまきそうだ。(塚沢健太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ