巨人・畠、23歳一般女性と結婚!新妻のハートの次は先発ローテつかむ

 巨人・畠世周投手(25)が21日、児童福祉施設に勤務する女性(23)と結婚したことを明かした。この日は契約更改交渉に臨み、290万円ダウンの年俸1630万円でサイン。4年目を迎える新婚右腕は、1年間を通じての活躍へ決意を新たにした。

 期待の本格派右腕が、生涯の伴侶を得た。畠は「来年は自分にとって勝負の年。野球以外の私生活でもサポートしてくれる方」と、結婚の喜びとプロ4年目となる来季への決意を示した。

 お相手は兵庫県出身で児童福祉施設に勤める1学年下の一般女性。プロ入り後に一目ぼれし、交際を申し込んだ。「永久(とわ)に夫婦」にかけた10月22日に東京都内の区役所に婚姻届を提出。「笑顔がかわいい」「甘辛ダレをつけた唐揚げがおいしい」と、のろけっぱなしだった。

 愛する人のためにも飛躍を誓う。近大からドラフト2位で入団した1年目はシーズン途中から6勝をマーク。ブレークが期待された。しかし、今季は開幕ローテーション入りこそ果たしたが、7月中旬に右肘の遊離軟骨摘出手術を受けて離脱。リハビリ生活が続き「悔しかった」と振り返る。

 だからこそ、新婚早々から練習漬けの日々を送る。12月上旬に台湾に渡り、アジア・ウインターリーグに参加。来年1月には母校・近大などで自主トレに励む予定だ。鳥取市のトレーニング施設「ワールドウイング」でイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐)も取り入れていた初動負荷トレーニングに取り組む計画もある。

 「チームに貢献して、一年間けががないように」。山口が米大リーグ挑戦を表明し、巨人にとって先発ローテの確立は急務。家族も、チームも背負う投手となるべく、畠は飛躍を期す。(谷川直之)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ